工場の電気代削減の案内は、詐欺?節電を成功させる方法を解説

71

工場の電気代削減の案内は、詐欺なのか?

近年、電力自由化の流れによって、さまざまな地域で詐欺が発生しています。たとえば、「御社の工場で電力会社を変更すれば、工場の電気代を削減できますよ。」という案内が電話で届きます。

このような怪しい案内に対して、電力会社は注意喚起を行っています。しかし、なぜ電力自由化によって電力会社を見直すことが詐欺につながるのでしょうか。今回は、工場運営者に向けて電力会社の変更案内が詐欺につながる理由や節電を成功させる方法についてわかりやすく解説していきます。

工場運営者でも電力自由化の詐欺に遭う!

電力自由化詐欺というものは、工場や倉庫運営者には関係のないことだとは思っていないでしょうか。工場や倉庫でも電力を利用する以上、例外ではありません。大規模工場なら2000年の3月から電力自由化による恩恵を受けています。

2004年4月や2005年4月は、電力自由化の領域が拡大し、中小規模工場なども電力自由化のメリットを受けられるようになってきました。そのため、工場運営者は、電力自由化の詐欺に遭遇する可能性があるということです。ここでは、電力自由化詐欺というものの概念から考えていきましょう。

 

電気代削減を強調する電力自由化詐欺とは?

そもそも、電気代の削減が強調されやすい電力自由化詐欺というものは、どのようなものなのでしょうか。電力自由化詐欺では、「料金プランを見直せば、工場の電気代が安くなりますよ。」「この新しい装置を取り付ければ、今までよりも工場の電気代が10%も下がります。」というようなことを伝えられ、詐欺の手口にだまされてしまいます。

最終的には、高額な装置を取り付けられる、またはまったく名前の知らない新規の電力会社と契約させられます。しかし、本当にこのような詐欺は発生しているのでしょうか。

 

「電気代が削減できる」と伝え、虚偽説明で逮捕

電力自由化による詐欺は、決して他人事ではありません。現在も、多くの人が「工場の電気代が安くなる」と伝えられて詐欺の被害に遭遇しています。朝日新聞のデジタル情報によれば、電力小売り代理店を特定商取引法違反で逮捕したと報告しています。

犯行時は、関電の代理店員や関連会社員を装って「請求元を関電から変更すれば5%程電気料金が抑えられる。」や、「電気の供給は、これまでどおり関電から変わることがない。」などと虚偽説明を行い、新たに電気契約を交わすことで契約先の変更手続きを進めていました。

ちなみに、この詐欺の手口によって交わされた契約は、約7千件におよんでいます。つまり、1つの組織から約7千件もの詐欺が発生しているということです。このような犯罪の手口は珍しいものではなく、ずっと以前から続いています。

 

【工場運営者必見】代表的な3つの詐欺の手口とは?

工場や倉庫を運営している以上、少しでも利益を伸ばすためにも電気代を削減する取り組みは欠かせません。しかし、だからといって電気代を削減するために詐欺に遭っていては意味がありません。ここでは、工場運営者必見の電力自由化に関連する代表的な3つの詐欺の手口をお伝えします。

 

契約プランの変更を利用した詐欺

相手の人が「契約先の電力会社のものです。この度、契約プランが新しくなったので、新たに書類にサインをしていただけるでしょうか。」と伝えてきた場合、電力自由化詐欺である可能性が高いです。

まるで大手の電力会社の担当者であるかのように装い、すべての人が変更手続きを行っているかのように伝えてきます。実際に、電力会社との契約において、そのようなことはほとんど起きません。契約プランの変更を理由に契約書にサインを求めてくる場合は、ほとんど電力自由化詐欺と考えてよいでしょう。

 

工場の電気代削減を強調した詐欺

相手の人が「契約先の電力会社のものですが、毎月の事業で使用している電気代の削減が可能です。検針票の詳細を教えていただけますか?」と伝えてくることがあります。検針票の詳細について質問されても、絶対に回答してはいけません。

なぜなら、検針票に書かれた供給地点特定番号やお客様番号を聞き出すことで、電力自由化詐欺を行おうとしている可能性が高いからです。ちなみに、供給地点特定番号やお客様番号があれば、詐欺業者が新たな電力会社との契約を強制的に進めることがあります。

電力会社が指針票の内容を聞きだすことはありません。そのため、何を聞かれたとしても安易に回答してはいけません。

 

設備工事を利用した詐欺

相手の人が「契約先の電力会社のものですが、スマートメーターの設備工事のために訪問しました。設備工事を進めますので、工事費用の支払いをお願いします。」と伝えられた場合は、電力自由化詐欺である可能性が高いです。

近年、スマートメーターの工事を利用した詐欺が多発していますが、こちらの工事を行ったからといってお金が発生することはありません。また、誰もいなくても交換してもらえます。

お金の請求や指針票の聞き出しを行ってくる場合は、ほとんどのケースで詐欺であるため、十分に警戒しましょう

 

詐欺だけじゃない!電気代削減を成功させる節電方法とは?

これまでの説明を読んだ方は、電気代の削減について悪いイメージをもってしまったかもしれません。一方で、工場の電気代削減を成功させる方法もあります。その方法とは、太陽光発電システムと蓄電池を使った自家消費体制で工場を運営する方法です。ここでは、電気代削減を成功させる方法についてご説明します。

 

太陽光発電システムで電力の基本料金を削減する

新電力会社を利用して毎月の電力料金を下げることも大切ですが、電気の使用量の最大値を下げることの重要性を忘れてはいけません。太陽光発電システムを導入し、電気の使用量を下げることに成功すれば、基本料金は確実に下がります。

特に、昼間の電力が消費量の最大値に到達する工場なら、自家消費型太陽光発電システムは非常に大きな効果を発揮します。

 

産業用蓄電池システムで夜間の電気代削減を行う

工場によっては夜間をメインの稼働時間としているところもあるでしょう。その場合、太陽光発電システムだけでは、電力を自家消費していくことはできません。なぜなら、太陽光発電パネルで発電した電力をためておくことができないからです。

発電した電力を夜間に使うには、産業用蓄電池の導入が必要です。産業用蓄電池があれば、昼間にためておいた電力を夜間に使うことができます。この仕組みにより、エネルギー効率を大幅に上げることができるでしょう。

 

まとめ

太陽光発電システムで工場の電力を節電していこう!

新しい電力会社へ変更するというのは、非常に不安がともなうでしょう。本当に電力会社を変更しても良いのか、変更すればお得になるのか判断することは簡単ではありません。しかし、太陽光発電システムによる自家消費型体制の実現は非常に現実的なものです。

現在、電力料金は上昇傾向にあります。弊社のサイトより、太陽光発電システムと産業用蓄電池システムの見積もりを出すことで工場の電気代削減を実現してみませんか。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>