太陽光発電システムで工場の電気代は、本当に削減できる?

78

太陽光発電で工場の電気代を削減?

近年、太陽光発電メーカーの広告に「太陽光発電パネルを取り付けたら、電気代がゼロ円になる」という文言を見て、太陽光発電システムの設置に少し興味や関心が出てきたという方はいるでしょう。

住宅などと違って工場や倉庫などでは大量の電力を消費するため、電気代をゼロ円にすることは非常に困難ですが、確実に電気代を削減することは可能です。今回は、工場や倉庫運営者の方に向けて、太陽光発電システムを導入すれば電気代は削減できるのかについてわかりやすく解説していきます。

目指せゼロ円!工場の電気代の削減は、できるの?

「工場の屋根に太陽光発電システムを導入すれば、電気代がゼロ円になる」と簡単に断言することはできません。なぜなら、太陽光発電システムだけでは、夜間の電力を補うことができないからです。まずは、太陽光発電システムを利用すれば、工場の電気代は削減できるのかについてご説明します。

 

工場の消費電力の目安は?

太陽光発電システムを使って工場の電気代を削減するには、普段、電気代がどれぐらい発生しているのか把握しておく必要があります。工場の電力需要に関するアンケートがあるため、その情報を参照していきます。一般的に、5人未満の工場であれば電気代は10万円いかない程度となります。

一方で、300人程度の大規模な工場であれば電気代だけで1000万円かかってくることがあります。人によっては「工場の電気代なんて節約しても、ほとんど意味がないのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、工場の電気代は、利益率の低下の原因となりやすい要素なので、少しでも太陽光発電システムでまかなうことができれば、利益率を伸ばすことができます。

 

太陽光発電で電気代の削減は、できる!

工場の屋上などを利用して太陽光発電システムを導入すれば、一定の電気代の削減が可能です。たとえば、配線板開発を手がける太陽ホールディングスは、再生可能エネルギーを有効利用するために水上太陽光発電所を運営しています。水上太陽光発電所を開設したのは、2017年12月上旬です。約8600万円をかけて工業団地調整池に嵐山大沼水上太陽光発電所を建設しました。

嵐山大沼水上太陽光発電所で発電された電力は、すべての工場で自家消費されていきます。こちらの発電所の出力規模は、年間想定で約33万kWhを考慮しています。また、嵐山大沼水上太陽光発電所の近くに建てられた子会社の太陽インキ製造では、こちらの発電所の電力の約5%をまかなう計画が進んでいます。

このように太陽光発電システムを利用すれば、太陽エネルギーで工場の電力をまかなうということは、決して夢物語ではありません。

 

工場から排出されるCO2の削減にも非常に効果的

太陽光発電システムによる電気代削減の取り組みは、自動車メーカーでも行われています。たとえば、SUBARUと呼ばれる自動車メーカーは、群馬県大泉町にある大泉工場の遊水池に太陽光発電システムの導入を行っています。

遊水池にある自家消費型太陽光発電としては、国内最大規模の大きさとなっています。ちなみに、太陽光発電システムの出力は5MWです。その設備の年間発電量は5000MWh(メガワット時)となっています。これらの発電は、すべて工場内で使用されます。もし、これらの電力の自家消費型太陽光発電が実現すれば、工場のCO2を約2%削減できます。

これらの太陽光発電システムの導入を進めていくことで、2016年と比較した際、2030年には30%の削減を実現する想定が行われています。

 

工場の電気代を削減するなら売電と自家消費どっちがおすすめ?

固定価格買取制度を利用すれば、余剰電力を売電できるため、少しでも電気代を削減できるというメリットがあります。もし、安定して電力を発電できるのであれば、高い投資効果を得ることができるでしょう。しかし、近年は、売電よりも自家消費型太陽光発電の方がお得な時代が到来しています。

ここでは、余剰電力を売電する方法と自家消費していく方法では、どのような違いがあるのか、またはおすすめなのかについてご説明します。

 

太陽光発電で余剰電力を売電した場合

工場で、太陽電池容量50kWで年間発電量55,000kWhの運用結果を売電と自家消費でどのような違いが発生するかを考えていきます。あくまでも、シミュレーション結果なので、参考程度に覚えておいてください。まずは、太陽光発電で余剰電力を売電した場合のシミュレーション結果をご報告します。

売電価格は、税抜14円/kWhと仮定します。その場合、年間売電収入は831,600円となります。そして、20年間にわたって売電収入が入ると考えると16,632,006円となります。こちらの太陽光発電システムの設備投資費用は、864万円となります。償却年数は、10.4年です。

 

太陽光発電で余剰電力を自家消費していく場合

余剰電力を売電していくことで、年間で約83万円ものお金が入るというのは、非常に魅力的に見えるでしょう。では、太陽光発電システムによって発電された電力を自家消費していく場合、シミュレーション結果は、次のようになります。

売電価格は、再エネ割賦金(2.95円/kWh)を含むため税抜20円/kWhと仮定します。その場合、年間電気代削減効果は100万円となります。この値は、太陽光発電システムによって発電される電力の90%を自家消費していくと仮定して、計算しています。もちろん、太陽光発電を利用するため、デマンド値の低減も期待できます。

上記のように自家消費していく場合は、税込で設備投資費用として980万円かかります。償却年数は、9.8年です。売電収入を得るよりも、電気代を削減することが目的ならば、やはり自家消費した方がお得ですね。

 

工場・倉庫向けの太陽光発電システムを導入するメリット

自家消費型太陽光発電に興味を持っていただけたでしょうか。ここでは、工場や倉庫向けの太陽光発電システムの導入メリットについてご説明します。

 

デマンド値の軽減による電力削減

工場で自家消費型太陽光発電を行う場合、余剰電力は売電せずに、すべて工場内で使用します。自家消費型太陽光発電を導入する最大のメリットは、デマンド値を下げられることです。

電力の消費量を下げることでデマンド値を下げることができれば、夏場や冬場などの冷暖房の電気代がかかる月に、電力の消費量を抑えることができます。これにより、エネルギー効率の向上はもちろん、工場内の電気代は大幅に削減されるでしょう。

 

環境保護・環境保全への取り組みができる

近年、温室効果ガスの削減は、非常に重要なポイントとなっています。工場運営も例外ではありません。太陽光発電システムは、温室効果ガスを排出しない、非常にクリーンな発電設備なので環境保護や環境保全に大きく貢献します。

また、太陽光発電は、太陽エネルギーを電力へ変換する際、CO2を発生させません。火力発電への依存を低下し、地球環境の保全に役立ちます。

 

まとめ

太陽光発電システムは、電気代を削減する有効なシステム!

太陽光発電システムの魅力は、工場や倉庫などで空いている屋根や空間を有効に利用できることです。非常に広大な土地がなければ始められないというわけではありません。その工場や倉庫に応じた規模の太陽光発電システムを導入すれば、自家消費型太陽光発電によって工場の電気代を削減できます。

ぜひ、工場の電気代削減に興味がある方は、当サイトより見積もりをだして試算してみてください。きっと優れた担当者が見つかるでしょう。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>