工場の電気代が高い!電気代削減につながる有効な節電方法とは?

1160

工場の電気代の有効な節電方法とは?

工場の指針票を見て思わずため息をついてしまったことはないでしょうか?近年、電力料金の値上げによって夏場や冬場などの冷暖房が必要な時期は、特に電気代が上がりやすくなっています。

工場は一般家庭と異なるため、その消費量は想像を絶するものでしょう。工場の労働形態によっては、24時間稼働するケースもあるため、時間に関係なくたくさんの電気を消費している工場も多いのではないでしょうか。

工場の利益を伸ばすには、いかにして電気代を削減するかが重要なポイントとなってきます。今回は、工場の電気代が高いという方に向けて、工場の電気代を削減するにはどうすれば良いのか有効な節電方法についてわかりやすく解説していきます。

電気代削減を行う前に従業員へ事前指導を実施する

電気代の削減方法には、絶対的な正解がありません。なぜなら、工場といっても業務形態やその内容がさまざまだからです。そのため、節電方法に対して理解を得るためにも従業員の指導から行っていきましょう。

 

【方法1】工場の業務内容に合った節電方法を指導する

あなたの工場では、どのようなものを作り上げているでしょうか?たとえば、コンピューターで利用する精密機器や精密機械の電子部品を取り扱う工場であれば、扇風機やサーキュレーターといったものは、ほこりが舞ってしまうため利用できません。

しかし、従業員の勤務時間を変更したり、必要のない照明を消したり、エアコンのフィルターを掃除するといった方法なら、どのような工場でも有効な節電方法として指導できます。

小さな取り組みかもしれませんが、従業員の意識へ訴えかけるという意味でも、工場の節電方法の指導というものは欠かせません。

 

【方法2】工場の電気代を見える化し、無駄を削減する

工場の電気代を節電するといっても、何にどれくらいの電気が使われているのかを理解していなければ、効率良く電気代を削減することはできません。そのため、電気代を数字で見える化できる体制を整えましょう。

電力を数値化する方法は、非常に簡単です。なぜなら、電気代を把握したい場所に、ワットモニターを取り付ければ良いだけだからです。ワットモニターは、インターネット上で1000円~数千円程度で販売されているため、非常に導入しやすいです。

どこにどれだけの電力が使われているかを把握できれば、費用対効果の高くなる節電ポイントを見つけて改善していくだけです。年間のメンテナンス費用や部品の交換費用なども視野に入れながら、効果の高い節電ポイントを探っていきましょう。

 

【方法3】工場の稼働時間を変更する

もし、24時間工場を稼働させており、午前中に多くの電力を消費しているのなら、夜間に多くの電力を消費する作業を行うように業務時間をシフトできないでしょうか。工場の稼働時間を変更することができれば、夜間電力が利用できるため、電気代を大幅に削減できます。

または、夏場であれば冷暖房の必要ない朝方に電力を多く消費する作業を行うことで、冷暖房をあまり使用することなく作業効率を上げていくことができます。ただし、深夜手当や時間外手当といったものを従業員に支払うことになるため、バランスをとりながら作業を移行していきましょう。

 

工場の電気代削減方法を事例から学ぶ

ここでは、工場の電気代の削減方法を事例から学んでいきます。工場運営者の方は、非常に参考になる事例なので自社工場と考えて自分なりの取り組み方を見つけていきましょう。

 

上水道業における電気代削減方法

上水道業施設では、使用電力の大部分を揚水ポンプが占めています。つまり、揚水ポンプの運用方法を見直せば、電気代を大幅に削減できます。実際に、複数存在する揚水ポンプの稼働時間を分散化したことで最大使用電力を29.2%削減することに成功しました。この取り組みにより、電力使用量を3.3%削減することにも成功しています。

 

【削減方法一覧】
・デマンド監視装置を利用して、電力の使用状況を可視化する。
・複数の揚水ポンプの稼働によって、最大使用電力が更新されることを把握する。
・ポンプの稼働時間の分散化を検討する。
・中央監視装置の自動制御を分散化することで最大使用電力を削減する。
・自動制御できていないポンプについては、他のポンプが停止している際、手動で稼動させることで最大使用電力を削減する。
・過剰なヒーターの稼働を防止することで最大使用電力や使用電力量を削減する。

 

電気の使用状況を可視化し、最大使用電力を下げるといった基本的な取り組みを行えば、工場の電気代は十分に削減できます。このような取り組みに太陽光発電システムを導入すれば、よりエネルギー効率を高めることができるでしょう。

 

印刷業における電気代削減方法

印刷業では、空調設備と印刷機の使用によって電力料金があがってしまいます。そのため、空調設備と印刷機の使い方を見直すことができれば、工場の電気代は大幅に削減できます。実際に、空調設備を自動制御し、特定の条件で印刷機を減速することで最大使用電力を3.3%削減することに成功しています。また、この取り組みによって、使用電力量の10.1%もの削減も実現しています。

 

【削減方法一覧】
・デマンド監視装置を利用して、電力の使用状況を可視化する。
・空調設備と印刷機の使用電力量が大きいことが分かる。
・空調設備の自動制御や照明のLED化、インバータの高効率化を行うことで、最大使用電力や電力使用量を削減する。
・印刷物の納期を守りながら、特定の条件で印刷機を約20%減速し、最大使用電力を削減する。
・空冷式高効率コンプレッサーを導入し、ロードヒーティングによる運用改善を行うことで、最大使用電力や使用電力量を削減する。

 

上水道業と同じように、電力を可視化するという作業に違いはありません。今以上に、工場の電気代を削減するのであれば、太陽光発電システムで発電した電力をLED照明に利用したり、印刷機に利用したりする方法が有効といえるのではないでしょうか。

 

工場の電気代を削減するなら、太陽光発電システムの導入が有効!

工場のLED化や夜間電力の使用は、どのような事業者でも導入可能な範囲と言えるでしょう。しかし、もう少し電気代の削減に力を入れていくなら太陽光発電システムの導入をおすすめします。その理由は、基本料金を引き下げることができることです。

太陽光発電システムを導入すれば、電力の使用料が最大となる時間帯に、自分で発電した電力を消費できるため、使用量を抑えることができます。これにより、電力の基本料金の削減が可能となります。

 

まとめ

太陽光発電システムで電力の基本料金を抑える

工場の電気代が高くなってしまうのは、夏場や冬場などに冷暖房を利用しながら、さまざまな電子機器を稼働させるからです。使用電力量の見える化やLED照明の導入により、一定の改善は期待できるでしょう。

しかし、工場の電気代を大きく削減したいのであれば、太陽光発電システムや蓄電池システムを導入し、電力の使用を削減することが大切です。自家消費型太陽光発電の実現は、工場の電気代削減に大きな影響をもたらすため、弊社のサイトで設備の見積もりを行ってみませんか。

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は、当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上、下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は
当社運営の加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用を
お考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト
「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

自家消費型の太陽光発電運用をお考えの方は当社運営の
加盟店公式サイト 「自家消費型.com」をご参照の上
下記リンクよりお問い合わせください!
↓↓↓

安心・安全の全国ネットワーク「自家消費型.com」

資料請求はこちら↓↓↓


自家消費型.com運営事務局
(営業時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00)
03-3378-0156

>